泰明工業の歩み

1988(昭和63) 会社設立 本社、四街道市山梨759-1
         舗装工事を直営で行える大成ロテック㈱の関連会社として設立
         社長に玉地義通就任

1989(平成 1)  損保代理店業務開始

1991(平成 4) 日本スリップフォーム協会加入
         社長に土屋優衛就任

1994 (平成 6)  本社移転 千葉市若葉区若松町2135-10
         大成ロテックから機械系出向社員を受入れ、ロテックの関東7工場でAs施工、産廃中間処理、合材製造業務開始

1997(平成 9)  スリップフォーム工法を用いた防護柵工事等に本格的に進出

1998(平成10) 出資会社の倒産により、工事施工作業員を直接雇用

1999(平成11) 千葉・市川・川口・仙台に営業拠点設置

2000(平成12) 千葉市から初めて受注する

2001(平成13) 東北営業所を仙台に開設
          直轄作業員を新会社に移管

2002(平成14) 社長に千葉達彦就任

2003(平成15) 市川営業所開設 東北営業所廃止

2004(平成16) 大成ロテック千葉営業所内に作業拠点設置

2006(平成18) 本社移転 千葉市中央区星久喜町886-1
         ISO9001 認証取得 認証番号21272

2007(平成19) 社長に秋山俊美就任

2012(平成24) 社長に木村勲就任

2016(平成28) 大成ロテックより工事系移籍社員2名受け入れる

2017(平成29) 過去最高益達成
         社長に岡崎匡洋就任

2018(平成30) 大成ロテックの完全子会社となる(同時に大成建設グループの一員となる)

2019(令和 1)  合材製造業をロテックに移管し、工事施工をメインとする業態となる